ビジネスブログ

2010年3月アーカイブ

『忙しすぎて、やりたいと思っていることが全然できていない』とおっしゃる方は、

ほとんどの場合、数年以上同じ状況が続いていることが多いようです。

私自身も、仕事と勉強、家庭に趣味と、時間がいくらあっても足りないと、

ストレスや焦りを感じた時期もありました。

しかし、あることを実践することで、時間管理がだいぶうまく回ることに気がつきました。

それは、『自分とのアポイントを取る』ということです。

自分だけでできることは、それが重要なことであっても、ついつい後回しになりがちで、

重要性にかかわらず、他の人が絡む仕事やタスクを優先してしまうというのは、

多くの方も同じかと思います。

ですので、重要性の高いことは『自分とのアポイント』をとって日時を設定し、他の人との

アポと同様、その時間を優先的に確保するようにしました。

わずかこれだけのことですが、自分が状況に流されているのではなく、コントロールしている

という意識も湧いてくるから不思議です。

時間管理に悩んでいる方は、一度試されてはいかがでしょう?

    にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
★あなたの1クリック♪励みになります★

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 

『社長は孤独である』とは、よく聞くフレーズです。

会社のトップが集まる会合や団体がたくさん存在しているのは、同じ立場の

人々が集まって、この孤独感を癒すというのも、ひとつの理由になっていると

思います。

このような会合に参加しても、なかなか得られることがないのが『ほめられる』

という機会です。

ほとんどの会社では、どんな努力も『社長ならやって当たり前』、ちょっとした

ことで社員の愚痴は耳に入ってくるという状態かと思います。

『社員はほめて育てることが大切』という認識が経営者層にも浸透していますが、

その一方で、社長は誰にもほめてもらえないという状況が当たり前になっています。

社長であっても、普通の人間。ほめられれば嬉しくなりますし、もっと頑張ろうという

力も湧いてくるものです。

妻でも夫でも、腹心の部下でも結構です。

『最近の自分で、ほめられるところがあるとすればどういうところかな?』

と率直に聞いてみてはいかがでしょう?

想像以上に、元気が出ること請け合いです!

 

    にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
★あなたの1クリック♪励みになります★

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 

この時期になると、4月からの1年間の経営計画策定に追われている

社長さんも沢山いらっしゃるかと思います。

この数年の将来への不透明さから、長期計画の策定に、自信をもてず、

結果的に『絶対やり遂げるぞ!』と腹の底から思えない計画をたてて

しまう、というお悩みも、よくお聞きするようになりました。

皆さんに共通して言えるのは、

『社長の責務として、社員に対して経営計画を明確に示さなくてはならない』

という責任感をお持ちの、行動力のある素晴らしい経営者であるという点です。

そのため、将来について迷いを持つこと自体に、ストレスと、焦燥感を人一倍

感じてしまっているようです。

将来のありたい姿を描き、数値や行動計画として落としこんでいくことは、

決して簡単なことではありません。従業員の将来を左右することであれば、なおさらです。

迷った時には腹を据えて、何に迷っているのか、どのような情報があれば判断ができるのか、

『悩むのも社長の仕事のうち』と割り切って、日数を限定して自分と対話するというのも

一つの突破口になるかと思います。

迷うこと自体にストレスを感じることなく、悩みに正面から向き合ってみてはいかがでしょうか?

 

    にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
★あなたの1クリック♪励みになります★

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 

 

『ITを活用して、効率化を図りたい!』とお考えの企業は多いのですが、

『情報の活用』という段階まで進んでいる中小企業には、残念ながら

ほとんどお会いしたことがありません

ITにあまり詳しくない経営者の場合、システムの仕様決めは現場に任せてしまい、

結果的に現状のままのプロセスを実現するシステムになってしまうというのが

よくある失敗のパターンです。

とはいえ、システム構築時に『こんな機能があったらいいな』とお願いしてつくっても、

担当が変わることで使われなくなり、『そんなことができたの?』というお宝機能も

自社システムには数多く眠っていることが多いのも事実

既存システムの潜在能力の掘り起こしと活用法のアドバイスは、クライアントさまにも

とても喜ばれています。

システムの不満を挙げる前に、改めて、開発時の仕様書やマニュアルをつぶさに

読んでみてはいかがでしょうか?きっと、『そんなこと出来たんだ!』という気づきが

あると思います♪

 

 

 

    にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
★あなたの1クリック♪励みになります★

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 

 

中小企業庁が中心となって行っている中小企業向けの施策として、

『経営革新支援』というものがあります。

『自社をよりよく改善したい』、『新しいサービスや商品を生み出したい』と考えている

中小企業を『経営革新企業』として認定し、さまざまな支援を優先的に行って

いこうという取り組みです。

以前は護送船団方式で、すべての中小企業を底上げしようという施策が中心でしたが、

現在はこのような仕組みを使い、やる気のある、伸びようと頑張っている中小企業を

重点的に支援するような施策が中心となっています

『国はなにも支援してくれない…』と嘆くのではなく、優先的に支援を受けられる、

『選ばれた中小企業』になりませんか?

マンガ形式など、とても分かりやすい資料を中小企業庁もがんばって作成しています。

一度ご覧になられてはいかがでしょうか??

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/index.html

★弊社でも、経営革新認定取得をご支援しています。
ご相談はお気軽にどうぞ!★

    にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
★あなたの1クリック♪励みになります★

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 

このアーカイブについて

このページには、2010年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年2月です。

次のアーカイブは2010年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

立地調査 これから出店をお考えの方へ

キャリア35 35歳からの女性の起業を応援する

お問い合わせはこちら