相馬を支える『二宮尊徳の教え』 その1

 

小学校の金次郎像で有名な『二宮尊徳』は、日本の経営コンサルタントの先駆けと言われています。

相馬藩は1783年の『天明の飢饉』で、人口が1/3になるという壊滅的な被害を受けて以来、

40年が過ぎても藩の財政の立て直しはまだ道半ばの状態でした。

 

そのなかで、諸藩の復興に成果をあげはじめている二宮尊徳の指導を仰ぎ、

相馬藩主の強い想いと、半年がかりで入門を許された富田高慶の努力の結果、

1845年から、相馬中村藩で『二宮仕法』の導入と、改革がスタートしました。

 

御仕法を導入した藩は600に及びますが、その中でもっとも理想的に導入され、

効果をあげたのは相馬藩と言われています。

以来、相馬市では、市民憲章にも盛り込むなど、この教えを大切にしています。

 

 

二宮仕法(御仕法)の基本思想は、『報徳』という考え方です。

報徳とは、過去・現在・未来を貫く「天・地・人の徳」に報いることとされています。

人間主体の勤労と徳の万物を 育 む 天 地 の 徳 と が 合 う こ と に よ っ て、

は じ め て 人 間 は 生 存することができることから、その徳に感謝し、報いる気持ち

をもって生きなければならないとしています。

 

 

『御仕法』は、至誠・勤労・分度・推譲を原理とします。

至誠は、真っ直ぐで思いやる心。

勤労は、熱心に働くこと。

分度は、各自にふさわしい支出の限度を定め、身の丈の生活をすること。

推譲とは、働いて得た余分は、将来にそなえたり、社会のために進んで譲ることです。

 

次回はこの教に基づいて、具体的にどのような立て直しをおこなったのかを

書いてみたいと思います。

 

この教えをもう一度心に刻むことは、太平洋沖地震の復興の支えになると

信じています。

 

*******************

中小企業診断士・アクションラーニング協会認定ALコーチ
 物流技術管理士・ドッグライフカウンセラー
 
 五葉コンサルティング株式会社 代表取締役
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.goyo-c.com/mtos/mt-tb.cgi/106

コメントする

このブログ記事について

このページは、五葉コンサルティングが2011年3月16日 09:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「被災中小企業に対する支援策」です。

次のブログ記事は「相馬を支える『二宮尊徳の教え』 その2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

立地調査 これから出店をお考えの方へ

キャリア35 35歳からの女性の起業を応援する

お問い合わせはこちら